おしゃべりな靴

今日は「靴」がテーマです。

田島マスターコーチのご提案で、大勢のコーチが一斉に「靴」をテーマにブログを書いたらどうなるか、という実験?です。

師匠から頂いた課題ですので、提出期限に遅れないよう書いてみました。

養成講座の課題レポートを思い出します。

 

私はファッションに無頓着な方で、着るものや靴はもちろん、アクセサリーなどにもあまり関心がありません。

独身の頃はどこへ行くのにも普段着で、ということがしばしばありました。

今は専属のスタイリスト(家内です)が、すべて管理していますので、人前に出ても一応恥ずかしくない姿になっていると思います。

ですから、自分だけでなく、他の人のファッションも見事にスコトーマに隠れています。

今日会った人がどんな服装だったのか、記憶からすっかり抜け落ちてしまっているのです。

 

ところが、私は靴底にはかなりの関心を持っています。

靴フェチだからではありません。

靴底の減り具合で多くの情報を読み取ることができるからです。

つま先の内側がすり減っている人、外側(五指側)が多くすり減っている人、カカトの外側がすり減っている人、左右別々の場所がすり減っている人など一人一人随分違うのです。

これは体のどこに重心があるのかということと、体の動かし方で違いが表れます。

私たちの腰の骨、腰椎は五個あり、上から腰椎1番2番と数え、最下部が五番になります。

腰椎の三番に重心が来るのですが、人によって偏りがあるのを発見した人がいます。

整体法の創始者、野口晴哉先生です。(社団法人整体協会)

生き物は成長し、自らの力で動きます。

自ら動くのは内なる要求を満たそうとして動くのです。

野口先生によると、この「要求」というのは内側から起こる要求で、それから起こる人間の運動の偏りを「体癖」と名付けられました。

無意識の行動の癖(habit)ということでしょうね。

野口先生は五十年に及ぶ人間観察から、体癖を12種に分類しておられます。

上下(1、2種)、左右(3、4種)、前後(5、6種)、捻転(捻れとも、7、8種)、開閉(9、10種)、遅速(11、12種)

の12種です。

例えば、上下2種とか前後6種というように呼びます。

人は誰でもこの体癖を複数持っています。

興味を持たれた方は、

整体入門 ちくま文庫、体癖(全2巻)全生社

をお読みください。

 

体癖は体運動の癖が現れたものですが、その根本には無意識の欲求があります。

靴底を観察すると、その人の優位な体癖がわかると同時に、どのような感受性の傾向を持っているのか、どのような無意識の反応をするのかが見えてきます。

靴底は、私たちの気がつかないところで多くの情報を発信しています。

思いがけず靴はおしゃべりです。

 

 

2 件のコメント

  1. ピンバック: 馴染みの靴は過去 | TAJIMA+

  2. ピンバック: Shoessss!! | TAJIMA+

コメントを残す