フラストレーション

皆様はフラストレーションを感じるときはありませんか。

 

駐車場が満車でなかなか車が止められない。

通勤ラッシュの駅と電車。

PCがクラッシュして完成間近の書類がパーになる。

月末のATMの前の行列。

 

うーん、例を挙げればキリがないかもしれませんね。

私自身フラストレーションを感じずにいられることは少ないかもしれません。

皆様はいかがでしょう?

 

調べてみると、フラストレーションとは欲求の満足が内的・外的原因により阻止された状態、とあります。

そういえばフラストレーションを感じているときは、怒りや不安、焦りなどの情動を感じます。

駐車場の空きがないときは、時間が気になって焦りますし、満員電車ではイライラします。

PCがクラッシュしたときは怒りのあまり絶望感にとらわれたり。

自分自身の忍耐が試される状況ですね。

 

あ、そうそう、ゴールに順調に向かっていないと感じる時もこんな気持ちになりませんか?

フラストレーションを欲求不満と訳すようですが、これはフロイトがなんでも性的衝動のせいにしたからでしょう。

こういったものに関わらず、私たちは欲しいものが手に入らない、入りにくい状態のときに怒りを中心とした情動を感じてしまいます。

 

少し違う角度で見れば、ゴールに向かう時に壁にぶつかったらフラストレーションを感じるようです。

駐車場に車を止める、というゴールが満車という障壁によって妨げられる。

快適に電車で移動したい、というゴールが通勤ラッシュによって未達になる。

書類を完成させる、というゴールがPCのテロ行為でパーになる。

速やかに入出金するというゴールを達成したいのに、行列で待たされる。

 

うーん、やはりゴールに順調に向かっていないと感じるときにフラストレーションを感じるのでしょうね。

 

こういう見方をすると、フラストレーションをプラス利用したくなります。

一般にフラストレーションは嫌な、避けるべきものとされ、代償行為でそのストレスを発散するもの、ととらえられているように思われます。

その中にエネルギーが潜んでいるのを見逃しているからなのかもしれません。

 

前進しようというエネルギーを遮ると、そのエネルギーはさらに高まることがあります。

例えは悪いのですが、火薬を開放的な場所で燃やしても単に火花を出して燃えるだけですが、圧縮することで爆発力が生まれるようなものです。

このエネルギーを無駄に使う手はないと思います。

 

現状の外に設定したゴールは、達成のための道筋も見えませんし、方法も検討がつかないものです。

ゴールを設定したのはいいが、なかなかゴールに向かう兆しが見えない時期はフラストレーションを強く感じるかもしれません。

こんな時は、怒りや焦り、不安などの情動をうまくコントロールすることが重要です。

そうでなければ、現状へ引き返そうとするエネルギーが強くなったり、周囲にイライラをぶつけたりする恐れがあります。

 

深呼吸をして気持ちを整え、アファメーションやセルフトークを用いてうまくコントロールしましょう。

そのエネルギーをうまく使えば、スコトーマ(心理的盲点)が外れいろいろな閃きが湧いてくるはずです。

 

※無料メールマガジンご購読のお申込みはこちら

※11月26日(土)お茶会を開催します。詳細とお申し込みはこちら

期間限定でトライアルコーチングセッションを特別価格でご提供します。

※詳しくはこちら。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP