密教

“夫れ仏に三身有り。教えは即ち二種なり。応化の開説を名付けて顕教と言う。〈中略〉法仏の談話、これを密蔵という。〈後略〉”

 

空海の有名な著作、「弁顕密二教論」の冒頭の一節です。

仏には三つの身体があり、教えは二種ある、と総論から始め各論へと続いていく構成です。

 

仏の三つの体とは、「法身」「報身」「応身」であり、二種の教えとは「顕教」と「密教」のことです。

 

密教とは秘密の教え、秘密仏教の略です。

そういえば、一般の大乗仏教(顕教)は経典の勉強が修行の中心なのに対して、密教では様々な行法が伝えられており、秘伝や口伝とされています。

 

口伝という言葉さえ「ロイ」という文字で隠すほどの秘密主義。

行法次第も乱脱と言って順番をワザと変えたり、重要な部分を抜かしたりさえします。

 

さらに言えば、報恩流という真言密教の流派名も幸心流といった具合にそれぞれの漢字の一部をとって本当の名前を隠すほどです。

密教って本当に秘密主義なんですね。

 

でも密教の秘密というのは、こういったところにあるのではありません。

それは抽象度の高さにあるのです。

 

密教の真理は言葉で表すことが困難なので、曼荼羅という絵で表現していることを皆様もご存じでしょう。

代表的な曼荼羅に金剛界九会曼荼羅と胎蔵曼荼羅がありますが、その中心に座しているのが大日如来です。

そして周辺に座す多くの仏様は大日如来が変化したものとされています。

 

最も抽象度の高い情報空間に存在するのが大日如来で、そこから抽象度が下がるごとに違う姿を表すのですね。

金剛界では智慧の情報空間、胎蔵界では慈悲の情報空間で、それぞれ様々な抽象度に仏が変化して姿を現しています。

 

金剛界と胎蔵界は別々の情報空間ではなく、一つの大きな情報空間(宇宙)を別な側面から見たものとされています。

故に金胎不二。

 

抽象度の高い仏の世界は言葉ではなく、イメージで捉えられます。

さらに高い抽象度では映像さえ捨てて、「空」や「大楽」を体験するのだとか。

秘密仏教の真骨頂ですね。

 

密教の修行の段階は、まず言葉で教えを学び、次にシンボルやイメージと一体になる訓練をし、さらにそれらを捨てた真理を体得する、という具合に抽象度を上げていきます。

この点、ゴール設定にも通じるのではないかと思います。

 

現状の外にゴールを設定するのは脳の仕組みから見ても必須です。

しかし、最初から高い抽象度のゴールを設定するのは難しいかもしれません。

 

ゴールの更新や再設定の度に、少しずつ抽象度を上げていくほうがやりやすいでしょう。

大切なことはまず一歩を踏み出すことだと思います。

 

※コーチングのご依頼、ご相談等はこちら

※無料メールマガジンのお申込みはこちら

関連記事

PAGE TOP