ありがとうございます。

今日は60回目の誕生日でした。

コーチの仲間を始め、たくさんの皆様にお祝いのメッセージを頂戴しました。

この場を借りて、改めて御礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

朝、珍しく息子から電話があり、お祝いの言葉とともにプレゼントは何がいい?と聞かれました。

すかさず、古墳と神社を建ててくれ、といったのですが、スルーされました。

 

誕生という言葉を聞くと、とりとめもなく連想が湧いて来ます。

 

“生まれ生まれ生まれ生まれて生の初めに暗く、死に死に死に死んで死の終わりに暗し”(空海、秘蔵宝鑰)

 

“うずたかく花を集めて多くの首飾りを作るように、人として生まれ死ぬべきであるならば、多くの善いことをなせ”(ブッダ、Dhamma-pada)

 

やはり仏教に関連した言葉が真っ先に脳裏に浮かびます。

仏教では、人間に生まれること自体が奇跡のような確率であると考えます。

ですから、この貴重な機会を逃さずブッダの教えを学び、善行為に励めと勧めるのです。

 

人生百年時代と申しますが、人間の身体は百二十年保つという説もあります。

たしかに釈尊の時代、百二十歳まで生きたアラカンが何人もいらっしゃったと伝えられています。

 

私もそれくらいは生きるかもしれません。

だとすると、まだ人生の半分です。

あと半分、ブッダの教えの通り、たくさんの善い行いをしたいと思います。

 

私にとってコーチとしての役割も、善行為の一つなのです。

ですから24時間いつでもコーチですし、常にドリームサポーターとして皆様のお役に立ちたいと願っています。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

※コーチングのご依頼、ご相談等はこちら

※無料メールマガジンのお申込みはこちら

 

関連記事

PAGE TOP