神無月

十月は古くは神無月と呼ばれました。

旧暦ですから新暦で言えば十一月にあたります。

 

神無月は出雲地方に神様が会議のために出かけるので、神様が不在になる月。

私は長い間このように思っていました。

 

しかし、これは俗説で実際は違う意味だったようです。

水無月は雨が多い水の月、つまり水な月を水無月と書くように、収穫を神様に感謝する神の月、神無月というのが本当の語源のようです。

万葉集ではその用法で神無月という言葉が使われているので、奈良時代またはそれ以前からの用法だと思われます。

 

神の月がどうして神が不在の月に誤解されるようになったのか。

どうやらちょっとした陰謀が潜んでいたと思われます。

 

中世、おそらく鎌倉時代の出雲大社の御師(布教師)が、神無月は神様が出雲に会議のため集合するので、出雲地方は神在月だが、他の地方は神無月になる、という説を広く流布したためと思われます。

 

神無月の無という文字がその説に説得力をもたらしたのでしょう。

私を含め、今でも多くの人がこの説を信じているほどです。

当時から観光業界はプロモーションに力を入れていたのでしょうね。

 

神無月、神在月説はかなりの説得力を持っています。

それほど言葉の持つイメージ想起の力が強いということです。

ことに漢字は音だけでなく文字そのものに意味がありますから、文字を見ることで思い違いをさせることもできるのですね。

 

神無月は神の月。

決して皆様の地元の神社が留守になっているわけではありません。

安心してお参りにお出かけください。

 

※コーチングのご依頼、ご相談等はこちら

※無料メールマガジンのお申込みはこちら