蛍雪の功

♪蛍の光、窓の雪〜♫

かつて、唱歌蛍の光は卒業式の定番でした。

最近はどうなのでしょう。

蛍の光は曲はスコットランド民謡、歌詞は明治時代の教育者によって作詞されたそうです。

元は中国の故事による格言、「蛍雪の功」です。

晋の時代、車胤(しゃいん)が蛍の光で、また、孫康(そんこう)が雪の明かりで書を読んだという故事に基づいています。

ここから苦学した成果を、蛍雪の功と呼ぶようになりました。

どうやら、私たちの錯覚はここから始まっているのかもしれません。

多くの人が、苦しさに耐え、努力すべきであると考え、努力と苦労がなければ成功することができないと思っています。

しかし、これは錯覚にすぎないのです。

夜、灯す明かりの油が無く、蛍を捕まえてその明かりで勉強した車胤にとって、それはやりたくてたまらなかったからこそ、そうしたのにすぎないのです。

雪の明かりも同じこと。

勉強したくてたまらなかったからこその、工夫であったはず。

嫌で嫌でたまらなければ、こんな工夫は決してしませんからね。

大変な苦労をしなければならない、というのは勘違いです。

実際に偉大な業績を成し遂げた人、成功者で、苦しさに耐えて努力した人はいません。

調べてみてください。

すべて、自分自身の欲求=want to によって成し遂げています。

他の人が見たら、苦労にしか思えないようなことでも、当人にとっては楽しくてたまらないのです。

成功に、苦労や努力は必要ありません。

いかに興味を持って、楽しみながら行えるかがカギとなります。

want to こそ、すべての出発点。

私たちはどうやら、永い間、間違った思い込みを持っていたようです。

努力しなければ、苦労しなければ。

こういった押し付けに、惑わされてはいけません。

どこまでも、自分自身の自発的なwant to に忠実に進んで行きましょう。

※コーチングのご依頼、ご相談等はこちら

※無料メールマガジンのお申込みはこちら

関連記事

PAGE TOP