最近、ちょくちょく博物館に行くことがあり、考古学づいています。

写真は弩(ど、いしゆみ)と呼ばれる武器。(Wikipedia )

中国の時代劇などでおなじみの武器ですが、我が国にはないと思っていました。

ある伝承では、饒速日命が大和(奈良一帯)を統治する以前は、ナガスネ彦一族がこの辺りを統治しており、その軍隊は弩で武装しており精強でなかなか攻略できなかったと言われています。

紀元前、秦の始皇帝の方士であった徐福一行が日本に渡来して各地に別れ住んだ子孫の一人がナガスネヒコと言われており、秦の文化を伝えていたのかもしれません。

しかし肝心の弩が発掘されていませんでした。

また文献上でも日本書紀推古天皇の条の弩の記述が、最も古いようです。

ですからナガスネ彦の伝承も、トンデモ説の一つかもしれないと思っていたのです。

しかしあったんですね。

島根県の姫原西遺跡から、弩の一部とみられる青銅製の部品が発見されていたんです。

この遺跡、弥生時代後期とされていますから、概ね時代は合っていると思われます。

それで調べてみると、日本の武士など軍事集団でも弩が使われることがあったようです。

しかし、武士たち一般には普及しなかったみたいですね。

なぜでしょう?

後の戦国時代、鉄砲なども欧米以上に普及したのと比べると弩が敬遠された理由がよくわかりません。

甲冑の発達で、あまり役に立たなかったのでしょうか。

弓の方が威力があったということかもしれません。

弩の利点は射程距離の長さと、射手の熟練度があまり必要ないということくらいでしょうか。

ですから、それほど熟練していない兵でも扱えた反面、近接戦になると兵の熟練度の低さがマイナスになったのかも。

何しろ武士は、その腕前が自慢で誇りですから、扱いの難しい武器を使いこなすことの方に重きを置いたということかもしれません。

剣術、槍術、弓術、馬術、砲術、水泳術、柔術などの武芸十八般に弩は含まれていませんからね。

もののふが弩に重きを置かなかったのは、コーチが催眠暗示を使わないのに似ているかもしれませんね。

催眠術はコーチングとは全く違う技法ですし、暗示とアファーメーションも全く違う技術です。

素人目には似ているように見えるかもしれませんが、元となる理論もマインドの使い方も違うんですね。

仮に暗示や催眠を使うコーチがいたとしたら、そのコーチはコーチングをよく知らないと言ってもいいくらいです。

弩が日本の武士にあまり受け入れられなかったのも、同じ理由かもしれないですね。

関連記事

PAGE TOP