静寂

今日九月一日は石上神宮の年に一度の崇敬会大祭でした。

天気予報では曇りだったのですが、上の写真のように晴れてきました。

いやぁ、とっても清々しかったです。

年に一度の大祭ですから、多くの参加者がいらっしゃいます。

正確にはわかりませんが数百人はいらっしゃると思われ、拝殿はもちろん境内に設えられた椅子席もほぼ満席の状態です。

それに今日は日曜日ですから大祭に参列される方だけでなく、一般の参拝者や自動車のお祓い、それに観光客に散歩に来た人など、普段以上に賑わっていました。

たくさんの人出ですから、神事が始まってもザワザワとしています。

さらに上空では頻繁に飛行機が通り過ぎ、参列者の小声の話し声、ペットのワンちゃんの鳴き声、神宮の名物であるニワトリさんの鳴き声までひっきりなしに聞こえてきます。

さらにさらに、よく知らない虫もブーンと飛び交っています。

こんなわけで、拝殿から少し離れた席にいた私には、神事の進行具合もよくわからないほどでした。

ほどなくして、お祓いの祝詞が始まった様子。

一同低頭して、お祓いを受けます。

すると、「・・・祓いたまえ清めたまえと申すことのよしを聞こし召せと畏み畏み申す〜。」

と祓えの言葉の最後の部分が、いきなり明瞭に聞こえてきました。

もちろん神主さんはマイクを使っていませんから、この瞬間、他のすべての音が止んだのでしょう。

一瞬の静寂。

飛行機の音も自動車の音も、人の声も動物の声も、すべてがこの一瞬だけ止まり、清らかな静寂が現れたのでした。

この瞬間、本当に祓い清められたと実感したのです。

次の瞬間、また先ほどのようなザワつきが戻ったのですが…。

私たちのマインドの中も、実はこのようにいつもザワついているようなものなのです。

ひっきりなしに種々雑多なイメージや情動、言葉が飛び交っています。

このようなマインドの中の騒音を止めるのは、普通あまりやらないと思います。

またその方法を知る人も少ないことでしょう。

コーチングのヴィジュアライゼーションやアファメーションは、自分が目指す姿や状況にマインドの焦点を合わせます。

その瞬間、マインドの中には静寂が訪れるはず。

1日のうちほんのわずかな時間でも、静寂のひと時を持ってみてはいかがでしょう。

わずかな時間ではあっても、そのひと時は非常に価値あるものになるはずです。

この瞬間、私たちは理想の未来を作るからです。

関連記事

PAGE TOP